top of page
  • 執筆者の写真Mariko Yamaguchi

湾仔 大人女子的隠れ家バー @ Mizunara: The Library



色気より食い気な1日の終わりに、ようやく大人女子らしい色気のある夜が始まる予感。大人女子的香港迷な夜 !? それは単なる妄想でしょうか(笑)Tさんをお連れしたのは・・・

「Mizunara: The Library(ミズナラ:ザ ライブラリィ)」 湾仔の駱克道沿いの商業ビルの4Fにひっそり隠れているのに「ASIA BEST BAR 50」 に入るほど実力ある隠れ家バー。


ドアを開けるとフロアとカウンターの壁面には700本以上のウィスキーボトルがずらりと並び、どこか日本を感じるデザインが香港では逆に新鮮。


それもそのはず、ここは Ginza-style whiskey and cocktail barがコンセプト。日本を始め世界のウィスキーと美味しいカクテルが楽しめるホテルライクなバーなのです。 ここを率いているのは日本人の遠藤氏。名バーテンダーとして東京で活躍する彼を見込んだ香港のインド人オーナーがスカウトし、このお店を任せているという。ここ香港でも多くのバーテンダーがその技を学びに顔を出すというほど有名な遠藤氏にカクテルを作っていただいくという贅沢な夜。


美しいグラス、手切りの氷、シェイカーを振る所作。そのどれもが上質で高級ホテルにいるよう。


Tさんとワタシはそれぞれ、旬の果物メロンと生ライチーのカクテルをオーダー。



ハァ〜、美味しいとしか言えない幸せ♡



ふと横に座るTさんを見ると、目の前にいるイケメンなマッシモさんに目がハート😍よ?「私、カクテルにもイケメンにも酔ってしまいそうです~♡」と嬉し恥ずかしそうな笑顔がとてもチャーミング(笑) 遠藤氏は8月より湾仔の現場を離れグループ内での活動のため近隣諸国を飛び回わることになるそうだ。それゆえ彼のポジションは今後マッシモさんが担うことに。まっすぐに背を伸ばし気合の入ったマッシモさんのお顔はますますイケメンオーラが輝いているように見える。ふるえる手で写真を撮ろうと試みているTさんがホントに可愛い😆



バーカウンターの手前はラウンジのように広いスペースがあり、いつも国際色あふれる客層で賑わっている。蘭桂坊 (ランカイフォン)辺りのバーとは違って、静かでゆっくり話ができる貴重なお店だ。



大人女子的點心ランチ→アロマオイル購入→香港スイーツ堪能→ローカルグルメ体験→隠れ家バーという楽しくも充実した1日。Tさんもラストナイトまで楽しんでいただけたかな。おひとりさまもそれなりに楽しいけれど、誰かと一緒の女子旅はやっぱり倍楽しい。おひとりさま同士の大人な合流が旅をより楽しくしてくれますね。



帰り道は香港らしさあふれる質屋のネオンサインを見ながら、胸がキュン。いつまでも眺めていたい、帰りたくない、離れたくない香港の夜。蒸し暑さも愛しいわ。



📍4/F, Kiu Yin Commercial Building, 361-363 Lockhart Rd, Wan Chai, 香港

香港灣仔駱克道翹賢商業大廈4階 361-363号 TEL:3571 9797

Commentaires


bottom of page