top of page
  • 執筆者の写真Mariko Yamaguchi

尖沙咀 シェフも通う雲呑麺@錫記招牌雲呑 Shek Kee Wanton Noodles



今回は4年ぶりの渡港なので、前半は久しぶりのローカル食を満喫したいと意気込むワタシ(笑)なかでも「雲呑麺」は香港ツウなら真っ先に食べたいソウルフードのひとつ。お店の名前は・・・ごめんなさい、日本語読みがワカリマセン😅 夜の尖沙咀。以前はあれほど勝手知ったるエリアだったのに、新しいビルがたくさん増えてなんだか別のエリアのよう。通りは変わってないけれど、見える景色が以前と違うので夜は方角を間違えそうになりながら無事に到着。


店内はカラフルなメニューが懐かしい香港仕様。テーブルの上の消毒用ハンドジェルの存在感が大でとても清潔。


あぁ、久しぶりの雲呑麺!あら、麺が雲呑でほぼ見えない😳 いつも食べていた中環の「麥奀雲吞麵世家」では器も雲呑も小ぶりで雲呑は麺の下に隠れているビジュアルだけど、こちらは器が同じぐらいのサイズなのに雲呑がデカサイズ!食べてみると、弾力ある細い麺は滑らかで、澄んだスープはとても上品なお味。うーん、美味しい。


雲呑の皮も少し厚めでもっちり、中には干しエビや豚など具がたっぷり入ってる。この具も初めて食べる味で、しかも4個入り。食べ終わる頃にはかなりお腹がいっぱいに。


一緒に頼んだ花韮の炒めものがシャッキリして美味。オイスターソース添えが懐かしい😭


香港人の友人とはペニンシュラのラウンジで待ち合わせてからこちらへ来たので、一瞬でHigh&Low(笑)これが香港のいつもの楽しみ。



念願の雲呑麺でお腹が満たされたら、次は美肌香港スイーツを求めて夜の佐敦へ。



🔹錫記招牌雲呑 Shek Kee Wanton Noodles


📍尖沙咀宜昌街5號地下B號舖 Shop B, G/F, 5 Ichang Street, Tsim Sha Tsui

コメント


bottom of page