top of page
  • 執筆者の写真Mariko Yamaguchi

御成門 大人ホテルで美味なるヘルシー中華 @ 芝パークホテル



連日、酷暑の東京。おでかけもままならぬ暑さが続く毎日。そんな暑さで食欲が落ちていたある日芝公園までお出かけ…が、しかし、この日は体感温度50°ってマジですか🥵


「野菜を使った中華のコースを芝パークホテルでいかがですか?」という嬉しいお誘いを友人からいただいたのは数週間前のこと。「野菜・ヘルシー・ホテル・中華」なんて誘惑されるキーワードが並んでいたから、暑さもなんのその(でもなかったけど笑)。


「芝パークホテル」は人・街・歴史をつなぐライブラリーホテルとしてリニューアルした隠れ家風のクラシックな大人ホテル。噂通りにとても落ち着いた雰囲気で、天井まで吹き抜けの素敵なライブラリーに思わず見惚れてしまう。スタッフたちの気遣いやふるまいも上質で昔ながらの正統さが感じられる。



エントランスを中心に左右がレストラントとラウンジに分かれていて、早めに着いた私は英国風のラウンジでレストランのオープンまでゆっくりと涼ませていただくことに。落ち着くなぁ。



「ザ ダイニング」はホテルのメインダイニングとして和・洋・中と、至福のアフタヌーンティなども楽しめる←大人女子的には密かに気になりマス♡


今日のランチはこのためにやって来た「50種類の野菜のコース」。「肉や魚・動物性の油を一切使用せず、高級食材である燕の巣や鮑茸などを使った優雅でヘルシーな味わい」は宮廷料理の流れを汲む北京料理だそうだ。優雅でヘルシーなんて大人女子にぴったりなコンセプト。



乾杯は辛口のスパークリングでスタート。



お料理のスターターはハッとする彩りの金糸瓜とフルーツトマトから。ひんやり甘い。



「野菜の冷製盛合わせ」は旬の夏野菜がすっきりと涼を誘う。


「夏草花と空芯菜の塩炒め」  夏草花は冬虫夏草によく似た人工栽培のキノコで空芯菜と共にしゃっきりと炒められていてシンプルなのに絶品な炒め物。



「燕の巣・キヌガサ茸とキヌアの澄ましスープ」

初めに美しい燕の巣がレンゲに乗って登場し、ドーム型の器を開けるとスープが見える仕掛けが優雅な演出。このスープに自分でレンゲを沈め具を入れる。 



思わず目を閉じて味わってしまった、滋味深くクリアなスープ✨



「湯葉凍豆腐北京ダック風とチャプスイのクレープ包み」 ひと種類のクレープに見えたけど実は2種類の具がそれぞれに入っていて驚いた一品。



左がチャプスイ(広東風炒め物)入り、右がカリッとした揚げ湯葉に北京ダックのタレがからんだものが入ってる。



「鮑茸・山伏茸・白木耳の醤油煮込」  「これ、ホントにすべて野菜だけですか⁈」と念を押してしまったほどの旨味とコクと深みが絶品。



鮑茸の歯触りや山伏茸と白木耳の柔らかさに美味なる餡が絡んで、最高に美味しい。具材を食べ終わってお皿に残ったスープがもったいなくて「スプーンお願いできますか?」と思わず叫んでしまったほど。残さずにすくったからお皿の底が真っ白になったかも(笑)



「米粉と野菜の坦々麺」  ほんのり甘みのあるスープに後からピリリと辛さがやってくるヘルシーな坦々麺。こちらもスープまで全部飲み干す旨さ。



お茶に入れる玖瑰皇(メイグイファ)はバラの香り。ビタミンCが豊富に含まれていて美容にも効果あり。



「4種の豆とフルーツの白玉ぜんざい」 日本の小豆と中国の緑豆のコラボにモッチモチの白玉付き。



食べ終わっても美味しさの余韻が静かに残るヘルシーなコースに大満足。帰宅後にこちらのレストランのことを知りたくなり調べてみたら、もともと国内初のホテル直営中国料理レストランとして北京の宮廷料理を提供する「北京マンション」として開業。初代料理長は香港から招聘した有名シェフ王敬賓氏。その味は創業以来、50年以上に亘り今もずっと受け継がれているそうだ。近年ホテルリニューアルと共に「ザ ダイニング」とひとつになったが、どうりで、レストランのヒストリーはその料理の味の中に生きていると改めて感じられる上品な美味しさだった。 もうひとつ驚いたのは数日後、お肌がつるんとしっとり!あのスープの燕の巣の効果に違いない。香港で燕の巣をいただくことが多いワタシが感じるのだから間違いないと思う。食べる美容液、これはまた補給しに行かないと(笑)それにしても美味しかったし、アフタヌーンティも気になるからまた大人女子を誘ってお邪魔しよう。



♦︎種類の野菜コース A course with kinds of vegetables

¥5500(税込・サ別)9/3まで提供


【芝パークホテル ザ ダイニング】 📍東京都港区芝公園1丁目5−10 TEL 03 5470 7671(レストラン直通) 予約はこちらからもできます Ikkyu.com teblecheck.com



Comments


bottom of page