top of page
  • 執筆者の写真Mariko Yamaguchi

湾仔 @ Æra.hk (aera.hk) アエラ


【 New Nordic fusion 進化系北欧料理 アエラ Æra.hk (aera.hk)

< Hongkong-Day8 >


香港に来たらやはり「新しいお店」にも行ってみたい。香港友人のグルメブロガー Maggie に紹介してもらったのが湾仔にある「アエラÆra.hk」 渡港するたびにご一緒してくれる日本人マダムをお誘いして、湾仔へ。今回は湾仔がマイスポットになっているみたいでよく来ます(笑)


まだ明るい夕方6時。湾仔の史釗域道(Stewart Rd)界隈は美味しい店が集まるエリア。新しいビルの一階にある「aera.hk」へは一番乗り♪



店内は黒やグレイを貴重にした大人っぽい攻めのデザイン。天井も高くPARISやLONDONにあるような感じのオシャレな内装がステキ♡



料理長の Chevalier.Yau ( シュヴァリエ・ヤウ ) 氏が作り出す料理はネオ・ノルディック(進化系北欧料理)。日本ではまだあまりお目にかかることがないジャンルなのでとても魅力的。



驚きました‼️


いや、驚かせられました!というのが正しいかも。その美しいビジュアルにも味にもプレゼンテーションにも。 シュヴァリエシェフの作り出す料理は「ネオ・ノルディック」をコンセプトに香港の食材に西洋のひねりを加えた斬新でユニークな料理と聞いてはいたけど、ホントにその通り。今まで経験したことのない味と香り。事前にメニューを見ていなかったこともあり、食べ終わった後になって、初めてふむふむそういうことかと合点がいく味と素材の組み合わせに久しぶりに驚かされ、興奮させられたディナーでした。


初めてのジャンルなので調理方法や素材など説明ができません😅 写真と全10品の季節限定メニュー名だけをそのままに書いておきますね。



<Amuse Bouche>

Honey pea/Gardenia/Pcar

Tomato/Basil/Albumen

Mussel/Panna/Caviar


左から、Honey pea、ムール貝のパンナコッタ、トマトとバジルのパフ。

一番最初に驚かされた新しい味は、甘いお豆にクチナシの香り。パンナコッタのお味や白いのにトマトやバジルの香りがするマカロン風パフなどなど。



<Bread>

Soy/Yeast/Horseradish


焼きたてのSourdoughは冷めないように温かい石の上に。ホースラディッシュの効いた滑らかなクリームがパンに合う。



<Starter>

Spring Onion/Corn/Egg


クリーミィなムースの中には温泉卵の黄身やコーンなどが入っています。


<2nd Starter>

Rice/Sea urchin/Garlic


北海道産の雲丹がたっぷり。下にはライスが隠れています。


<3rd Course>

Pattes/ Malt/Lemon


これはビジュアル的に驚いた鳥料理でした。スタッフに何の鳥か尋ねたら「よくわからないけど野生の鳥の一種」と言われ、大爆笑♡ そういうところが好きよ、香港(笑)食べやすくコクと弾力がある美味しい鳥。後日ブログを見てくださったお店の方から「三黄鶏」だと教えていただきました😊



<4th Course>

Fish/Green pea/ Fennel


魚はSea bass、上品なクリアスープと豆の食感を一緒に楽しむ。これもまた良い香りが。


<Main>

Chiken/Sansai/ Dashi


日本的な味付け(照り焼き風)のチキンは苦味と甘味のある野菜と共に。


<Pre-Dessert>

Pomegranate/Sousop/Kombucha


<Dessert>

Grape/Bay Leaf/ Olive oil


<Petit Four>



古き良き香港はもちろん楽しいけれど、日本ではお目にかかれない新しいお店や味も刺激的で楽しい。またひとつ、食の経験値がアガッたわ(笑)こんな食の冒険も楽しい香港、大好きだー♡


📍Ground Floor, 6 Stewart Rd, Wan Chai, 香港

Comments


bottom of page