• Mariko Yamaguchi

代々木上原 美味しさと驚きのモダンガストロノミー @ セララバアド



そのレストランは代々木上原から井の頭通りを越えて「知ってる人」にしかわからないような上原の住宅街の中にあります。

昨年末にグルメな友人のお誘いで伺った「セララバアド」は、季節ごとのテーマに沿った分子ガストロノミーのお料理を味わえるという超予約困難な人気店。彼女はすでに「春」と「夏」を味わい、すっかり魅了され、オールシーズンコンプリートを目指して毎食事後に次回の予約を取って帰るほどのお店です。幸運にも私は今回「秋」のテーブルにお呼ばれしてきました。 「エル・ブリ」や「Noma」などで研鑽を積み「自由」と「分子ガストロノミー」と「自然」をテーマに日本食材を生かした新しい「美味しさ」を発信する橋本シェフ。ドリンクもお料理と共にペアリングされています。ノンアルコールのペアリングもあり。この日は全員ノンアルペアリングでした。 ネックレスのようにつながった真っ白な葉っぱひとつひとつにお料理の「イメージ=名前」が書いてあります。橋本シェフがテーブルにやって来て、ご挨拶のあと、コースが一斉にスタート。

イケバナ スパークリングマスカット gift 森の朝

落葉の森

マジャク サンマ 茸

鰹 スモーク 庵夢豚 どんぐり・栗・カカオ

松ぼっくり 無花果・洋梨・あんぽ柿


*イケバナ/鹿の角のような形のグリッシーニに巻き付けられたのはフツーの生ハムではなくて、味噌に漬けた鴨肉の生ハム仕立て&オリーブ


*スパークリングマスカット/マスカットの中で泡がはじけているのが見えます!

*ノンアルコールのドリンクも爽やかでフクザツな味を感じるものばかり


*gift/包みを開くと、鮮やかで可愛らしい花のような蟹とグレープフルーツのタルト


*森の朝/森のイメージのお皿、朝露をイメージしたドライアイスの中から見える緑色のムースはアボカドの軽やかな味



*落葉の森/ファンタジー感たっぷりの舞台のようなプレゼンテーション、豚さんがトリュフ風味のコロッケに頭を突っ込んでいるという女子心踊る可愛い演出!他には巨砲に見立てたフォアグラと砂肝やマイクロトマトに茸のスープ


*自家製パンも熱々で提供されます。と、これまた楽しい仕掛けのドリンク


*マジャク/黒い石の上に乗ったハデなパフォーマンスの揚げ物は大きなシャコ(マジャク)で九州有明で採れたもの、ソフトシェルクラブにも似て柔らかで全部食べられる


*サンマ 茸/ソテーしたサンマが大麦や栗や茸が入ったリゾットに添えられて、滋味深くボリュームたっぷり


*鰹 スモーク/稲が透けて見えるデザインの器に盛られた鰹は瞬間スモークされ香ばしい


*庵夢豚/奄美と北海道の黒豚を掛け合わせたという品種は弾力がありながらも柔らかで甘味が強く、カリフラワー・ナッツ・じゃがいものピュレ添え、私はこれが一番好きでした

*どんぐり・栗・カカオ/栗のシートを破ると中からはチョコレートムースとどんぐりのアイス

お菓子を入れた缶が可愛いくて、見惚れました♪


メリーゴーラウンドの可愛い缶に入ったプチフールは *無花果・洋梨・あんぽ柿/無花果のマカロン・洋梨のケーキ・チョココーティングされたあんぽ柿



*松ぼっくり/甘さ控えめでカカオの香りが濃いチョコレートとアーモンド 写真は忘れてしまったのですが、美味しいお茶も付いて来ました。


どのお料理も出てくるたびに歓喜とため息が出る、今まで見たことのないプレゼンテーションがとても新鮮でワクワクさせられます。今回が初めてのモダンガストロノミー体験だったのであまりうまく表現できませんが、どのお料理も「驚き」と「感動」と「喜び」に満ちた貴重な体験でした。友人に感謝♡


📛レストラン セララバアド  東京都渋谷区上原2丁目8−11 TWIZA上原 1階

☎ 03-3465-8471

ポケットコンシェルジュ

OMAKASE