top of page
  • Mariko Yamaguchi

京都 可愛い熊と燻し焼鳥の誘惑@熊の焼鳥 祇園白川



12月上旬、所用のため紅葉もまさに終わりの京都へおひとりさま弾丸旅で行ってきました。 おひとりさまと言っても関西には3年前ロンドンで知り合ったクラスメイトのひとり、Rieがいるので夏の渡英のお土産を持って夜の祇園で待ち合わせ。



昼間は観光客で賑わう祇園・白川沿いも夜ともなれば地元の客たちがお酒や食事を楽しむ大人な通りへとガラリと表情を変えて、妖しい魅力を放っています。 Rieが予約してくれたのは「会員制の祇園の焼き鳥屋さん」。私は事前情報をまったくチェックしていなかったので、お店は祇園らしい大人の焼き鳥屋さんだとばかり思い込み・・・



柳の枝がゆれる風情のある入り口に着くと「完全予約制」のためインターホンで確認後、中へ。この時、あれ?、熊さん?。。。ここって祇園の大人のお店よね?



店内はすっきりとした白木のカウンターにモダンな和のテーブル席など、大人な雰囲気。



と、思っていたらメニューから、グラス、お酒、お通しの焼きのりにまで熊さんマークが。こういうお店だったの?(笑)この熊さんは「くーたろう」という名前です。くーたろうの馴れ馴れしく楽しく可愛いセリフに、いちいちニヤニヤしてしまうではないですか。

お通しは雲丹ムネ(雲丹と山芋のクリームがけ)、低温調理された胸肉はお刺身のよう。途中から海苔に包んでいただきます。う、美味しい。。。♡


「これからコースが始まるでぇ!」熊の焼鳥コース¥6000(飲み物・税込)

焼き鳥はコースになっていて、それぞれ種類ごとにカウンター端の焼き場で焼かれ、板に乗せてサーブされます。ちらっと見るとくーたろうPOPが!くーたろうの自己紹介で始まる焼き鳥コース、ウケるわ(笑)


くーたろうのPOPで油断させておいて、ハッとするぐらいに美味しい焼鳥が出てくるギャップ!これは初めての楽しい体験。



新鮮で旨味たっぷりの美味しい鶏肉は朝締めした鳥取の大山鶏。串焼きの下味に使う塩は3種類の塩をブレンドしているそう。 なんとも言えない香ばしい香りは紀州備長炭を使用。備長炭の特徴を活かした燻し焼きは遠赤外線の低温で中までふっくらジューシィに、炭に落とした鶏の煙で包むように焼き上げているそうです。どうりで〜!そのわりに店内の換気はしっかりされていて、まったく煙を感じないのも驚きでした。


写真はやや順不同ですが、この日いただいたもの。すべての部位が抜群に美味しい。

*ももねぎ(甘いネギと旨味抜群のもも)

*はらみ(タレが効いてる)

*つくね(ふわり、塩・タレ・たれで)

*丸ハツ(丸ごとのハツはぷっくりジューシィ)

*やげんなんこつ(梅ソースで)

*ささみ(たっぷりのパルミジャーノチーズのせ)

*野菜串(ヤングコーン)

*とろ皮(パリパリ感とあふれる脂)

*ずり丸(サクッとジューシィ)

*きもとろ(レアで絶妙な火入れがとろける)



いちいち可愛いくーたろうPOP♡



楽しみながら食べていると、


「コースはこれでしまいやで。」←(笑) *手羽先


あまりに美味しかったので少し追加。追加のころになると気になる文言が。VIP会員様になりたくなってくるから不思議(笑)


それにしても、レアのようでレアじゃない焼き加減のきもとろも抜群に美味しい!



日本酒・ワイン・スパークリング・ウィスキーのラベルにくーたろうマーク付き。これらはコースの中に料金が含まれているのでお酒好きなひとにはかなりお得でたまらないかも。どれも美味しいものばかり。



他にはフルーツを使ったカクテルやソーダなど楽しいラインナップ。私は「みかん缶詰のソーダ」Rieは「桃ジュース」をおかわり。追加料金が必要な他のドリンクがいくつもあって、そちらも気になって仕方ない。それは次回の宿題に♪


ドリンクには楽しい名前がついています。例えば「えぇグラスワイン」「世界一美味しいコーラ」「めっちゃ高いジュース」「おっきいトマトとええトマト」などなど。




「そろそろ〆考えときや〜」TKGは追加料金¥1700〜¥6500 Rieが一番楽しみにしていた〆のメニューは「熊のたまごかけご飯」、残念ながらトッピングのトリュフは今月だけ未入荷とのことでいくらを注文。ふたりでシェア。 いくらの上にちょこんと乗ったくーたろうの焼き海苔、黄身はきんかん、あのチキナーで刺し皮を破るとごはんに濃厚な黄身が流れ込みます。いくらオンザたまごごはん、それはもう濃厚で美味♡




あまりにも楽しくて美味しかったのでつい会員になってしまいました !!! くーたろうの貢献度は大きいかも(笑)でも、実はスタッフのみなさんがとても温かくて感じ良くて、そちらにも大いに惚れてしまったのです。帰りがけには気になる会員専用の「おにかい」を見せていただくことに。「まかないを作っているのでちらかってるけど」と言いながらも親切に公開してくれました。階段踊り場にずらりと並んだボトルキープの瓶がこのお店の人気を伺わせています。


敷居とお値段の高そうな祇園白川の夜に安心して美味しい焼鳥を食べに来られるお店があることは旅人にとっても嬉しいこと。大人女子にもオススメの楽しいお店です。とても幸せな気持ちになりました。次回は「おにかい」で会員限定メニューを味わってみたい♡






📛熊の焼鳥 祇園白川 (完全予約制&会員制、非会員枠あり) ・熊の焼鳥 祇園白川(1階):ご予約一般開放(曜日・席数限定)

・熊の焼鳥 祇園白川おにかい(2階):完全会員制


📍京都府京都市東山区元吉町70ー14  075-746-3194 東京にも暖簾分けした中目黒店があります(現在は会員でなくても利用できるそうです) 📛熊の焼鳥中目黒 📍東京都目黒区上目黒2-44-24COMS中目黒1 2F

 050-5872-3370

bottom of page